So-net無料ブログ作成
B0000652 a.JPG

夏の果実の王様スイカには豊富な栄養が・・! [スイカ]

夏の食べ物の代表格といえばスイカですネ!
夏の果実の王様といわれるスイカには、
豊富な栄養が含まれています。

暑い日によく冷やして食べると美味しいスイカ。
水分補給にいいといわれていますが
実はそれだけではありません。

スイカはほとんど水分だと思っている人が多いようですが、
侮るなかれ・・・・!

「ダイエット」や「美肌」に優れ
効果的な栄養素がたっぷり入っているのです。

スイカには目の健康維持にも必要
ビタミンA(β-カロテン)」や
リコピン」が豊富に含まれています。

「ビタミンA(β-カロテン)」は
新陳代謝を促し肌の健康を保つ栄養素でもあります。

そして、「リコピン」には活性酸素を除去する働きがあるので
美肌を保つ上でも非常に重要な栄養素なんです。

「リコピン」を豊富に含む食品として
最近話題のトマトが知られていますが、
スイカはそのトマトよりも多くのリコピンを含んでいます。

さらにシミやシワを予防する
「ビタミンC」が豊富に含まれているので、
今、特に女性たちの間で
スイカは注目のフルーツになっているんですよ。

そして更に、スイカには「シトルリン」
という成分も含まれており
スイカを食べると"むくみ"が取れると言われているのは、
実はこの成分のお陰なんです。

「シトルリン」が血管を拡張し体内の血流を改善してくれるので
手足のむくみがスッキリ改善できます。

更に更に、"高血圧"や"「動脈硬化"の
予防効果もあるそうです。

この「シトルリン」は、赤い果肉の部分より
皮の内側の白い部分に多く含まれているようです。

スイカは通常は赤いところだけを食べて
捨ててしまいますが、それ本当はもったいないのです。

スイカの皮のレシピ
インターネットなどでちょっと調べれば出てきますので
それらを活用してスイカの皮の白い部分も
食べるようにした方がいいですネ!

=========================
糖尿病は基礎代謝の崩れが原因ではじまります。
オススメ!14日間集中!糖尿病改善プログラム
http://bit.ly/JT469f
=========================




老眼予防は30歳代から [老眼予防]

老眼は個人差はありますが40代前後から徐々に進行してきます。
最近は若年層の30歳前後からでも老眼症状を訴える人が増えているようです。

老眼とは、加齢とともに水晶体の弾力が衰え、
水晶体の厚みを柔軟に変えることが難しくなる症状です。

肌の老化を遅らせることができても誰にも止められないように、
老眼も全ての人にいつかは必ず訪れる避けようもない生理現象なんです。

そして「いつから老眼」 「ここから老眼」
という明確な基準もありません。

感じ方にも個人差があり、おおよそ40歳をすぎる頃になると
老眼の症状が出始めます。

老眼になる日本人の平均年齢は、42、3歳頃と言われています。

50歳代になると、さらにはっきりと老眼の症状が現れてきます。

ところが、最近はもっと早い、
30歳前後で老眼症状を訴える人が増えているのです。

これらの原因は、パソコンや携帯電話だと考えられます。
若い時に目を酷使し過ぎると、40歳代になる前から、
ひどい場合は20歳代でも老眼の症状が現われることもあります。


☆ アイファンタスティック ☆

老眼の初期症状としては

1.夕方になると目がショボショボする。
2.肩こりや軽い頭痛、そして目の奥に痛みを感じる。
3.薄暗い所では細かいものが見えにくい。
4.知らず知らずに、物を離して見ていることがある。

こんな自覚があると、要注意です。
しかし老視は病気ではありません。
したがって治療するという性質のものでもありません。

ただし、水晶体の弾力を保つ為に衰えた毛様体を鍛えることにより、
進行を遅らせたり、緩和したり、予防することは可能なんです。

毛様体筋の鍛え方は非常に簡単です。

まず、ヨリ目になるくらい、思いっきり近くを見ます。
そして、今度は出来るだけ遠くの景色を見ます。

これを動作を何度か繰り返します。
遠くを見たり、近くを見たり・・・と。
その繰り返しが、重要で毛様体筋を柔軟にしてくれるのです。

通勤や通学時に簡単にできますので
毎日習慣的に、やってみて下さい。[手(チョキ)][わーい(嬉しい顔)]

それと、コレも。


☆ アイファンタスティック☆



健康と医療(全般) ブログランキングへ

△トップページへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。