So-net無料ブログ作成
検索選択
B0000652 a.JPG

口笛健康法って? [口笛健康法]

近年、口笛が年齢に関係無く
効果のある健康法として注目されています。

口笛は、子供たちの遊びから
アーティスティックに演奏する
音楽家もいるほど親しまれています。

実は今、健康法としても
口笛が注目されているそうです。

その理由は、口笛は腹式呼吸で行うからなんです。

腹式呼吸は体の隅々まで酸素を送りこむことができるので
健康を増進させる有効な方法です。

更に、脳にも酸素が送り込まれ血流も良くなるので
体の隅々までリフレッシュすることができるのです。

仕事中や夜中はおすすめできませんが
人の迷惑にならないようなところで
口笛を吹いてみてはいかがですか。

鼻唄代わりにバスタイムなんてもいいかもしれませんね。


☆ 一瞬で人を惹きつける魅力的な顔になれる~ストロビクス


タグ:口笛 健康法
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

自律神経を鍛える足指ジャンケンの効能 [自律神経]

自律神経の鍛える方法は色々ありますが、
足指ジャンケンなら、脳の活性化にも有効です。

疲れが溜まっている人、自律神経が乱れている人には
足指ジャンケンをやって見ることをおすすめします。

足指ジャンケンと言っても
誰かと実際にジャンケンするものではなく
両足の指を使って1人で、
「グー」「チョキ」「パー」の形をつくることです。

脳は足の指先をしっかり動すことで活性化し、
正常に自律神経のコントロールも導かれます。

・・と言う事で、できるだけ大きく足の指を動かして見ましょう。

そして、足の指や足首を動かしながら筋肉をほぐすことによって、
疲労回復冷え性改善、快眠効果も期待できます。[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]

更に、足の指を柔軟に動かすことにより
内臓の働きも刺激されて活性化されます。

朝起きたとき、寝る前、お風呂の中などどんな場所でも
気になるときに足指ジャンケンを習慣づけてみてください。


☆ 石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法




nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

血行促進には つま先歩きがオススメ [血行促進]

血行促進には重要な部位である"ふくろはぎ"、
ふくらはぎは「第二の心臓とも言われるほど
大事な部分です。

目や脳は勿論のこと
身体の健康管理を保つ最大の秘訣
血液の流れを円滑に保つことです。

その為には、ふくらはぎを鍛え
血液の循環を促すことが効果的なんです。

そこで先ず、お勧めしたいのが
つま先歩きです。

つま先歩きの効果は、
全身への血液循環が良くなることと
ふくらはぎとアキレス腱がきたえられることです。

そして、カロリー消費が増えるほか、
なんと言っても足腰を丈夫にしてくれます。

やり方はいたって簡単です。

一日十歩から、多くて三十歩ほど
つま先で歩くだけです。

ただし、最初は無理をしないで十歩ぐらいから始めてください。
やりすぎるとアキレス腱を痛めることになりますので
注意してください。


☆ CNファクターは 大豆由来のもので
ミトコンドリアを活性化し細胞を若返らせます。
血管を強く血液を浄化する働きがあり
心筋梗塞や脳梗塞のリスクが軽減され
内臓(細胞)機能を若返らせ強くします。
詳細は⇒ http://junebees.com/ja/cn-factor/







nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

飲みすぎると水もキケンな飲み物 [キケンな飲み物]

飲みすぎると水もキケンな飲み物
「水」の飲みすぎに要​注意!!

水を大量に飲む人がダイエット目的で増えていますが、
飲みすぎると水も実はキケンな飲み物です。

特に最近、ダイエットや健康目的で
ミネラルウォーターを意識的に多量に飲む人が増えていますが、
飲み過ぎはあまりオススメできません。

水分補給は大事なことですが
方法を間違うと低ナトリウム血症、所謂(いわゆる)"水中毒"と呼ばれる症状に
陥ることがあるので要注意です。

"水中毒"は、過剰に水分を取ることで、
体内での水分バランスが崩れ細胞が膨化してしまう状態のことです。

私たちの腎臓が持っている最大の利尿速度を超えて水分を取ると、
体がむくみ血中のナトリウムイオン濃度が低下します。

悪化すると、精神分裂病まで進んでしまうこともあるので、
単なる水の取りすぎと軽く考えてはいけません。

下腹部がポッコリ出て、お腹の辺りを軽く叩くと
チャプチャプと水の音が聞こえるような人、
そして下半身太りの人要注意です。

水分の摂りすぎは、水中毒とまではいかなくても
体を冷やし、胃腸機能を低下させますので
一時に飲み過ぎない様心がけましょう。

◆業界初!自宅で出来る【体型別】【コース別】のバストアップ法「Hurry UP!!」◆
http://bit.ly/1oXu9ib

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

自律神経と食事の関係 [自律神経の乱れ]

自律神経は食事(食べ物)からの影響を大きく受けています。
そして自律神経のバランスは、視力回復にも大きく影響します。

自律神経のバランスは視力の状態に大きく関わっていますので
視力回復を成功させるには
自律神経のバランスを整える必要があります。

そして、その自律神経のバランスの要となるのが、
食事であり食べ物自体です。

実は自律神経は食べ物からの影響を
大きく受けているのです。

先ず、体を十分に休ませたい時は、
食事をいつもより多めにとるようにしてください。

たくさん食べることにより、副交感神経が活発になり
リラックス状態に体はなります。

と言うことは逆に考えると、
ダイエットなどで無理な食事制限をすると
自律神経のバランスを崩しがちになるという事です。

無理な食事制限は副交感神経の活動が弱くなり
反面、交感神経が活発になるので
体が休むことができず、疲れがどんどんたまっていきます。

ちなみに、自律神経を強化する食材としては、
バナナと牛乳があります。



バナナビタミンBが豊富に含まれており
牛乳は自律神経を調整するホルモン・セロトニンを活性化させます。

バナナと牛乳でバナナジュースにして飲むと
自律神経のバランス改善が期待できるようです。


⇒ 自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート有)





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

自律神経の乱れを正す爪モミ [自律神経の乱れ]

自律神経が乱れると特に目の疲れ、視力低下や、
その他、様々な体調不良の原因となります。


⇒自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート有)


自律神経を改善するには生活習慣の改善を始め
色々なアプローチ方法がありますが
最も簡単で、どこでもすぐにできる方法が爪モミなんです。

神経が集中している指先を刺激することで、
自律神経の働きを改善することができます。

爪モミの方法はいたって簡単です。

爪の生え際の角を反対側の手の親指と人差し指で
両側からつまんで揉みます。

これだけの事ですが、但し、薬指はやらないでください。
薬指は交感神経を活発にしてしまいます。

そして、気持ちが良いからといって、やりすぎも禁物です。
1日に2、3回程度が適度です。

何日か続けてやっていると、
ぐっすりと眠れるようになったり
イライラがおさまったり、目の疲れがましになったり、

すこしづつですが、様々な体調不良が良くなってきたと感じると思います。
是非爪モミやって見てください。


⇒自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート有)




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

健康と医療(全般) ブログランキングへ

△トップページへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。