So-net無料ブログ作成
B0000652 a.JPG

若年性アルツハイマー 症状 [若年性アルツハイマー]

その症状、若年性アルツハイマー?
若年性アルツハイマーってご存知ですか。

アルツハイマーといえば、高齢者がかかりやすい病気。
脳そのものが委縮してしまう症状で
主に65歳以上の高齢者に多くみられます。

ところが、よく似た症状の患者が、
働き盛りの40代、50代の中高年の間でも、
近年増えているのです。

病気の進行が早いのが若年性アルツハイマーの特徴
早期発見、早期治療が高齢者のアルツハイマーよりも
特に重要になってくるといわれています。

これからの研究課題となっているのが
その原因や仕組みについてですが
未だ解明されていない部分が多いんですね、

一般のアルツハイマーと同じく、
現在のところ、βアミロイドと呼ばれるたんぱく質の一種が
大きく関わっているとする説が有力です。

セルフチェックを行ってみてください。

□ 人の名前が思いだせないことが増えた
□ 頭痛や、めまいの回数が増えた。
□ 住所を書き間違えることがあった。
□ 約束をよく忘れる。
□ 仕事の能率が下がり、要領が悪くなった。
□ 通い慣れたはずの道で迷ったことがある。
□ 最近、ムキになったり、怒りっぽくなった。
□ 周囲の人から自己中心的になったと言われることが増えた。
□ 脈略のない文章を書いてしまうことがある。
□ 仕事の能率が下がった。要領が悪くなった。
□ 気がつけば、人の悪口やグチを言っている。

若年性アルツハイマーの可能性が考えらるのは
3つ以上あてはまる場合は要注意

ただし、あくまで目安でチェック項目に該当するからといって、
必ずしも、若年性アルツハイマーにかかっていると
断定はできません。




細胞の若返り CN ファクター




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
若年性アルツハイマー ブログトップ

健康と医療(全般) ブログランキングへ

△トップページへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。