So-net無料ブログ作成
B0000652 a.JPG

寝言にひそむ危険要因とは・・ [寝言]

寝言には、単なる寝言と、
ただ事ではない寝言2種類があるそうですヨ。

寝言のほとんどは、笑い話になるようなものですが、
そんな笑い話になるようなものと、
笑い話では済まされない病気が原因のものとがあるようです。

寝言はそもそも、睡眠中の無意識状態で発するため、
本人の記憶にはほとんど残りません。

寝言を言っているときは、何らかの夢を見ているときが多く、
浅い眠りのレム睡眠といわれる状態の時に
体が無意識に動く反射運動の一種でもあります。

体は眠っていても、脳は活動をしているため、
寝言として夢の反応が現れると考えられています。

この様な状態での寝言は生理的なものなので
とくに問題はありません。

問題なのは、深い眠りのノンレム睡眠のときに起こる寝言です。

ノンレム睡眠のとき、脳が休んでいる状態での寝言は、
夢とはほぼ関係がありません。

ノンレム睡眠時の寝言は、
日常のストレス、PTSDといわれる外傷後ストレス障害
睡眠時無呼吸症候群などの病気や精神状態が原因かもしれません。

そしてまた、パーキンソン病やレビー小体型認知症などの
初期症状である可能性
もあるようです。

自分では分からない寝言ですが
寝言が多いと言われたりする場合は
注意した方がいいかもしれませんね。

起きていても寝言を言っている人もいますが
これはは別です・・・(笑)。

新時代の目覚まし時計【光目覚ましOKIRO(オキロー)】
無料修理・アフターサービス対応






nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

健康と医療(全般) ブログランキングへ

△トップページへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。