So-net無料ブログ作成
検索選択
B0000652 a.JPG

自律神経と食事の関係 [自律神経の乱れ]

自律神経は食事(食べ物)からの影響を大きく受けています。
そして自律神経のバランスは、視力回復にも大きく影響します。

自律神経のバランスは視力の状態に大きく関わっていますので
視力回復を成功させるには
自律神経のバランスを整える必要があります。

そして、その自律神経のバランスの要となるのが、
食事であり食べ物自体です。

実は自律神経は食べ物からの影響を
大きく受けているのです。

先ず、体を十分に休ませたい時は、
食事をいつもより多めにとるようにしてください。

たくさん食べることにより、副交感神経が活発になり
リラックス状態に体はなります。

と言うことは逆に考えると、
ダイエットなどで無理な食事制限をすると
自律神経のバランスを崩しがちになるという事です。

無理な食事制限は副交感神経の活動が弱くなり
反面、交感神経が活発になるので
体が休むことができず、疲れがどんどんたまっていきます。

ちなみに、自律神経を強化する食材としては、
バナナと牛乳があります。



バナナビタミンBが豊富に含まれており
牛乳は自律神経を調整するホルモン・セロトニンを活性化させます。

バナナと牛乳でバナナジュースにして飲むと
自律神経のバランス改善が期待できるようです。


⇒ 自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート有)





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

自律神経の乱れを正す爪モミ [自律神経の乱れ]

自律神経が乱れると特に目の疲れ、視力低下や、
その他、様々な体調不良の原因となります。


⇒自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート有)


自律神経を改善するには生活習慣の改善を始め
色々なアプローチ方法がありますが
最も簡単で、どこでもすぐにできる方法が爪モミなんです。

神経が集中している指先を刺激することで、
自律神経の働きを改善することができます。

爪モミの方法はいたって簡単です。

爪の生え際の角を反対側の手の親指と人差し指で
両側からつまんで揉みます。

これだけの事ですが、但し、薬指はやらないでください。
薬指は交感神経を活発にしてしまいます。

そして、気持ちが良いからといって、やりすぎも禁物です。
1日に2、3回程度が適度です。

何日か続けてやっていると、
ぐっすりと眠れるようになったり
イライラがおさまったり、目の疲れがましになったり、

すこしづつですが、様々な体調不良が良くなってきたと感じると思います。
是非爪モミやって見てください。


⇒自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート有)




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
自律神経の乱れ ブログトップ

健康と医療(全般) ブログランキングへ

△トップページへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。