So-net無料ブログ作成
B0000652 a.JPG

味覚でわかる身体の状態 [味覚]

味覚は、ご存知の通り人間の視覚,聴覚など五感の一種で、
生理学的には、甘味、酸味、塩味、苦味に分類される感覚です。

早い話、この味覚があるので
私たちは美味しさを感じることができます。

しかし、日によって「甘いものが食べたい」とか
「塩辛いものが食べたい」とか
異なるのはどうしてでしょう?

まず、「塩味」を求めている時の身体
やる気がわかなかったり、眠たいなど
防御機能や活動機能が下がり気味と考えられています。

体が弱ると自然と塩気のあるものが欲しくなるのです。

原因の一つとして、
ストレスで副腎が疲れることで
塩っぱいものが無性に食べたくなります。

そして「甘いもの」を求めている時の身体
精神的に不安定な時が多いといわれています。

緊張している時や張り詰めている時、
悩んでいる時に甘いものが欲しくなるのは、
甘い味には、心身を弛緩する働きがあるからです。

塩辛いものや甘いものだけに限らず、
特定の味を欲する時は、それを身体が求めている証拠です。

無理に抑制するのでもなく、
かといって食べ過ぎるわけでもなく、
身体が求めるものを適度に食べるようにしましょう。

生理的に「おいしい」「今、食べたい!」と思うものを食べていれば、
栄養のバランスが崩れることはほとんど無いともいわれています。


☆ 糖尿病、薬なし注射なしで、
食事だけで血糖値を下げる改善法
たったの3日でも血糖値が下がっていきます。
詳しくは⇒ http://good-choice.tokyo/s/47/



nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

健康と医療(全般) ブログランキングへ

△トップページへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。