So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
B0000652 a.JPG

睡魔に襲われたとき、眠気を取る方法 [眠気を取る方法]

睡魔に襲われたとき
この眠気、何とかならないの? って思ったことはありませんか[exclamation&question]
眠気を一気に覚ます、簡単で効果的な方法をお伝えします。

仕事中や勉強中、睡魔に襲われてはかどらない・・・・・。
朝、ついつい二度寝して、遅刻しそうになる。
こんな経験は、誰にでもあると思います。[がく~(落胆した顔)]

昼間、眠気をなくすには、日ごろから規則正しい生活と、
質の良い睡眠をとる必要があるのは言うまでもありません。

それには生活習慣の改善をいつも心がけることが重要ですが、
でも、そんな悠長なことではなく
今すぐ、睡魔を撃退したい!何とかしたい!![ふらふら]

そんなときに有効な3つの方法を試してみてください。

[ぴかぴか(新しい)]その1 足の指を動かす。
足には神経が集中しています。
足の指をグッパさせたりすることで刺激を与え、眠気がスッキリしますヨ。

[ぴかぴか(新しい)]その2 耳を冷やす。
保冷材や氷などで耳を冷やすと、脳がすっきりして
途端に睡魔から開放されるのを実感できます。

[ぴかぴか(新しい)]その3 足を洗う。
居眠りの常習から足を洗うと言う意味もありますが・・・(笑)。
眠気を覚まそうと、顔を洗って出直そうとする人は多くいますが、
顔よりも足を洗う方が、実際の話、眠気対策には効果的なんですよ!

これら、3つの方法には個人差がありますが
一定の効果は期待できると思います。
睡魔に襲われたとき、是非試してみてください!! [ひらめき]

[眠い(睡眠)]ご参考まで[眠い(睡眠)]

【最新脳科学&心理学】たった3日で朝5起き体質になる熟睡プログラム


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

睡眠不足と食欲の関係 [睡眠不足]

ダイエット中なのに、つい食べ過ぎてしまう[exclamation&question]

食べてはいけないと思えば思うほど、食欲が余計に出てしまう。
特に寝不足と感じている時に食べ過ぎると言う経験は無いですか?
ただの思い過ごしではないかもしれません。

実は睡眠不足が食欲を促進させる原因でもあるようです。[がく~(落胆した顔)]

ダイエットが上手くいかない人は
睡眠不足が原因かも知れません。

睡眠時間が短くなると、摂食抑制ホルモンの量が減ってしまい 摂食抑制ホルモンが減ることで 空腹感が生じてしまうと考えられています。

ダイエットに取り組んで、ただでさえ食事の摂取量をコントロールして
ストレスがたまっているところに
睡眠不足で空腹感が増すと、食欲を我慢しきれなくなってしまいます。

この状態でダイエットを成功させることは、非常に困難なことですヨネ。[ふらふら]

そして更に睡眠不足は身体の体温を低下させます。
体温が下がると、基礎代謝量が落ちてしまいます。

過食気味の傾向がある上に基礎代謝量が減って
脂肪を燃焼しにくい状態になって身体に蓄積してしまい
ダイエットどころか、逆に太ってしまうことになりかねません。[がく~(落胆した顔)]

個人差と睡眠の質にもよりますが、
理想的な睡眠時間は凡そ成人では7時間前後だそうです。

寝過ぎるのもよくはありませんが、これ以下の睡眠時間だと
ダイエットニ取り組んでいる方は要注意です。

ダイエット中の方、睡眠時間もダイエットを成功させる一つですので
寝不足にならないようご注意下さい!![手(チョキ)][わーい(嬉しい顔)]


[眠い(睡眠)]心地よい睡眠を得るために[眠い(睡眠)]






nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

脳の発達とドーパミン、脳は快感を得てより活性化する [脳の発達]

最新の脳科学の研究によると、
脳がより発達し、知力も運動能力も高めるために一番効果的なことは、
"富を得て、旨いものを食べ、好きなことだけをやる"などの
快感を得ることだそうです。

脳を発達させるのに必要なホルモンは"ドーパミン"と言われ
ドーパミンは別名"脳内麻薬"ともいわれるほど、
私たちの気力=やる気を左右するホルモンとして知られています。

ところが、最近の研究では、
ドーパミンにはやる気を呼び起こす作用だけでなく、
更に考える力、集中力、決断力、記憶力や運動能力にまで
良い影響を及ぼす
ことがわかってきました。

そのドーパミンを活性化、分泌させる為には、
脳幹の中の"腹側被蓋野"という領域を、
活発に働かせることなんですが、
では、どうすれば"腹側被蓋野"を活性化できるのでしょう?

それは快感を得ることなんですネ。
嬉しい、気持ちいいとか、楽しい・・・・とか、
とにかく自分の欲求を満足させるような刺激はすべて、
腹側被蓋野を活性化させ、ドーパミンが分泌し易くするそうです。

具体的には、お金を得て、美味しいものを食べ、好きなことをする。
そして運動をすることも、脳にはとてもいいことです。

日本人は、我慢することが美徳と思われてきましたが、
脳の活性化のためには、我慢しない方が良いのかもしれませんね。[わーい(嬉しい顔)]


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
- | 次の10件
- |2012年10月 |2012年11月 ブログトップ

健康と医療(全般) ブログランキングへ

△トップページへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。