So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
B0000652 a.JPG

アボカド 栄養の7割が種に! [アボカド]

アボカドの果実には血中コレステロールを抑える不飽和脂肪酸がたっぷりで、
若返りのために欠かせないビタミンEも豊富です。
しかも濃厚な味わいで“森のバター”とも言われています。

そんなアボカドの栄養のうち、
実に70%が実ではなく種にあることが分かってきました。

種には水溶性食物繊維が多く含まれており、
これを種茶として摂取することができます。

水溶性食物繊維は体内の余分な糖や脂肪を吸着して便と一緒に排出するので、
便通が良くなりデトックス効果に最適で驚きのダイエット効果があります。

アボカドは「良い脂肪と栄養豊富」として知られていますが、
種の構造がコレステロールを下げるのを助け
ウイルス性で細菌性の疾患を撃退するのにも役立つと言われています。

その高い水溶性食物繊維の濃度で、
種は消化器系の問題や腸の障害を軽減することができます。

アボカドの種に含まれる成分
体に必要な脂質をつくる成分の脂肪酸
抗炎症や発がん予防に有益な化合物トリテルペン
植物に含まれるフィトケミカルの一種フィトステロール
グルコースに由来する配糖体グルコシド
抗酸化物質が豊富でアボカド全体の70%

健康面の効果として
抗真菌性,抗生物質,抗菌性,殺虫性,
脂質低下,抗高血圧特性があげられます。

アボカドの果実が脚光を浴びていたとき、
種を捨てていたのが悔やまれますね!





(・・・つづく アボカドの種茶 ダイエット効果と作り方)



 

nice!(20)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

バナナには精神安定効果がある? [精神安定効果]

果物の中でもとくに栄養価の高いことで知られているバナナですが、
精神安定効果があることご存知でしたか?

バナナは、私たちが活動するための栄養源として
美味しいだけでなく大変優れた果物でもあります。



バナナに含まれる糖質は、
ブドウ糖や果糖、ショ糖、でんぷんなど多様です。

長時間エネルギーが持続できるのも多様な糖質のおかげでもあります。

そのようなバナナですが、単にエネルギー源としてだけでなく
「うつ病」の予防対処・改善に効果のある果物として注目され始めています。

脳内興奮伝達物質セロトニンやノルアドレナリンなどの不足によることが
うつ病の原因と考えられています。

バナナにはこのセロトニンの原料となるトリプトファンという物質
豊富に含まれており、バナナを食べることで
セロトニンの生成が促進されるというのです。

正常にセロトニンが働くことにより、
精神が安定し睡眠もしっかりとれるようになります。



バナナは、自然界の精神安定剤といえます。[ぴかぴか(新しい)]

毎日のストレスや脳の疲れが蓄積されて起こる精神的な病気がうつ病です。

現代のストレス社会、"うつ"の自覚がない人でも
バナナを食べてうつ病にならないよう予防してみては如何でしょう。

そしてバナナは色によって栄養が変わるようです。
青めのバナナは整腸効果・便秘解消に!
黄色のバナナは美肌,老化防止アンチエイジング効果
茶色バナナは免疫力UP!胃潰瘍の予防等など万能健康食です。




朝ご飯を食べられなくてもオフィスでバナナを食べればバッチリ!
包丁いらずで食べる音も出ない。手も汚れず簡単にデスクで食べられる。
朝食や間食、会議前、残業の際にもバナナは最適!
「完熟王」がオフィスに届く!





nice!(21)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

中高年からの運動は物足りないくらいがいい [中高年からの運動]

中高年からの運動は物足りないくらいがいいようです。

運動は健康によい,これは常識であるばかりか、
いまや国家を総動員しての一大プロジェクトの動機のひとつでもあります。

「21世紀における国民健康づくり運動」と銘打って、
中高年の運動を奨励しているほどですね。

なぜ中高年の運動が奨励されているのでしょうか。

この世代の
「健康状態に問題がなく日常生活が制限されることなく暮らせる期間」

つまり「健康寿命」を延ばすことで、
10年間に2~5兆円程度の医療・介護費用が
節減できるという試算があるからのようです。

中高年の段階での運動不足
各種生活習慣病や運動器官・機能の障害により要介護になるリスクが高く
「ロコモティブシンドローム」につながる可能性が高いと考えられています。

国民の意識も高く、厚生労働省の国民健康・栄養調査では、
健康目的に運動を行っている人は
若者よりも50歳以上の中高年に多く、
60歳以上ではその割合が60%を超えているという結果も出ています。

若い頃から習慣として運動を続けている人は良いのですが、
健康のために一念発起して運動を始めようという場合には少し注意が必要です。

心肺機能、内臓機能、筋力、骨強度、バランス能力など
すべてが若い頃に比べて著しく低下していると考えたほうがいいですね。

体力に不安を感じている人や足腰に不調がある人が
突然ハードな運動を始めるとは考えにくいです。

が・・・ 一方で問題なのは
若い頃は運動をしていて体力にある程度自信があるという場合です。

体力の衰えを自認していても「軽い運動」には面白みを感じず
いきなりハードな運動に走る場合があります。

本人はハードな運動だとは思っていないし最初は充実感を得ますが、
疲労のあまり長く続かなかったり、所謂三日坊主や
怪我をしてしまって続けられなくなる最悪のケースがあります。

お勧めはランニングではなく
先ずはウォーキングでちょっと汗ばむ程度

体温が上がれば免疫力も上がり病気になりにくい体質になります。

自分が中高年であり運動不足だという自覚があるのなら、
まずはちょっと物足りない程度の運動から始めるのが、
無理せず長続きする秘訣のようです。


☆ 肩甲骨ストレッチは、
  リラックスしながらも血液循環を促す効果があります。
  その効果は、代謝をアップさせ、脂肪燃焼をスムーズにするだけではなく
  脳と体をスッキリと目覚めさせてくれます。
  http://juneb68.blog.so-net.ne.jp/2012-10-19


☆ 細胞を若返らせ血液の浄化,血管を強化,内蔵機能修復から美肌に・・
  お勧めは CNファクター
http://junebees.com/ja/cn-factor/




nice!(17)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

健康と医療(全般) ブログランキングへ

△トップページへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。